ある夕方も暮れに差し掛かった中学校のとある教室に、
二人の少女がまだ居残ってた。

仮に名前をAとBにしよう。

中学2年生で、
バレー部だった二人は、
外がもうそろそろ暗くなってきたから
帰宅することにした。

下校の途中で、
Bが荷物を教室に忘れていたことに気づく。

「A!ごめん…一緒に取りに行ってくれない?」

とAを誘ったのだが、
日はすでに沈んでいたため、
Aは嫌がった。

それでもBがしつこいため、
嫌々学校に戻っていった。

学校についた頃は、
辺りはすでに真っ暗だった…。

教室にたどり着き、
荷物も手にしたところで、
さあ帰ろうとなったときにBがAに提案した。

「そうだ、なんか凄く怖い雰囲気だし、
怖い話しない!?」

Aはさすがに嫌だと即答したが、
なぜかBがロウソクなども準備して、
火を灯して座り始めて語りだしたため、
しぶしぶと仕方なくホラー対談に付きあった。

しばらく二人で怖い話をしあって、
鳥肌が立ちまくり。

でも二人とも笑っていたので、
まあまあ楽しめたらしい。

その時、
廊下からズカズカ集団で歩いてくる音がした…。

しかもその集団は、
自分達のいる教室へと向かってくる。

「何!?何?」

とBは立ち上がった。

Aもビクビクしていた。

とうとう集団の足音が教室のまえでとまり、
ガラっと勢いよく扉は開いた。

「あ!二人ともなんでまだここにいるの?」

そこにいたのは、
10人のバレー部員の仲間たちだった。

AとBはホっとした。

「な~んだ、みんなだったんだ!」

今頃帰ってきたの?とB。

実はバレー部で、
合宿に行っていたのだったが、
AとBは風邪をひいていたため
その合宿にいけなかったという。

そのほかのメンバー達が帰ってきてたのだ。

「ちょwというか二人ともなにやってるの?」

と部員たち。

ホラー話をしていることを伝えると、
部員たちも楽しそうだからとのことで
話に加わった。

人数も増えたため、
恐怖も激減するだろう。

AとBは安心しきっていた。

しばらくたってからだった。

「私も仲間に入れて」

と呼びかける声がした。

みんなで振り向くと、
教室の隅っこに見知らぬ女の子が立って、
仲間に入れてもらいたそうにこっちを見ている。

しかしいつの間にそこにいたのだろうか。

ドアは閉まっていたのだが、
開いた音さえみんなには聞こえてなかった。

みんなちょっと不思議に思ったが、

「あなた、誰なの?」

とみんなで聞いてみた。

「私、転校生なの。
明日からこのクラスに入ることになってて…」

ということで、みんな納得。

その13人目の女の子を話に加えることにした。

そしてまた、
しばらく経ったころだった。

部員の一人が、

「ねえねえ、怖い話してると
幽霊が寄ってくるって聞いたことがあるんだけど…」

と言い出したため、
みんなどうしよう、どうしようと一斉に怖がった。

で、もう怖いから帰ろう、帰ろうということに話は進んだ。

しかしここでBが、

「【とっておきの恐ろしい話】があるんだ!
最後に話させて」

とみんなに言った。

まあ最後なら、ということで、
しかもとっておきということで、
みんなはBの話を聞き始めた。

「あのね、この学校で、
自殺した女の子がいるっていう噂があるじゃん。
でも先生達、誰が、どこで自殺したとか、
まったく教えてくれないじゃん。」

みんな、うんうん頷く。

「あのね…どこで自殺したかっていうとね…」

「ここよ」

とうえから声がした。

みんなゆっくり上を向いてみると、
そこには恐ろしい顔をした首吊りしたいが揺れていた。

よくみると、
その子はさっき参加した13番目の女の子だった…。

「ギャァァァアァァアァアアアア!!!」」

みんなは一目散に教室を抜け出し、階段を駆け下り、
後ろを振り返らずにそれぞれの家へと走っていった。

たまたま、AとBは近所だったため、
一緒に走っていった。

Bが先に家につき、
Aは一人で泣きながら走っていく…。

そして、家につき、
出迎えてくれた母に、
帰りが遅くなったことを叱られながらも、
親の顔を見ていっきにAは安心して、ホッとした。

夕食の準備もして、
Aは家族とテーブルについた。

いざ食べようとしたところで、
電話が鳴って、母がでた。

「ねぇA?Bちゃんから電話よ。急いでるみたい」

Aはなんだろう…と思いながらも、
電話にでた。

Bはヒステリックになっていた。

「ねえA!?テレビ見た?ニュース見た?今すぐ見て!」

とB。

Aはテレビを付け、ニュースを見た。

ナレーターが
緑の茂った山場の映像のニュースについて解説していた…。

「本日、お昼の12時半、山でバスが墜落し、
乗客12名の死者をだしました。
乗客は、運転手1名、教師1名、中学生10名………」

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    あわせて読みたいブログ

    あわせて読みたいブログパーツ

    はてなブックマーク人気エントリー

    livedoor 相互RSS

    ページ上部へ戻る