398 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 18:40:55 ID:4AItY/jc0
ある資格学校へ通っていたときの話。

校舎3階のいつもの自習室で、私、A君、Bさんだけが残って課題の仕上げをしていた。
帰りにみんなでご飯でも食べようという話になって、課題を切り上げ3人は自習室を出た。
エレベーターが調整中で使えなかったため、階段で降りる事に。
課題の話やあそこの定食屋がおいしいなんて話で盛り上がりながら、階段をトントン降りていき1階のロビーに着いた。
・・・はずだった。
前を見た3人は唖然。そこはまだ3階だった。
当然さっきの自習室がその先にあり、階段の踊り場には3Fの表示もある。
しばらく沈黙した後、
「きっとここは3階と同じ造りをした2階なんじゃね?」
と無理矢理納得させて、もう一度下に降りた。

399 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 18:44:44 ID:4AItY/jc0
そこはまたしても3階だった。
やっぱりさっきの自習室と3Fの表示がある。
「えっえっ?何で?確かに階段をずーっと降りてきたよ??」
通りがかりの清掃のおじさんに、ここは3階かと聞いてみたら、やっぱり3階と言う。
もう3人ともわけが分からず、軽いパニック状態。
エレベーターの調整が終わったようなので、逃げるようにエレベータに飛び乗った。
1階のボタンを押して待つ間なんてもう、祈るような気持ちだよ。
ものすご~く長く感じたのを覚えてる。

そして当たり前のように1階ロビーに着いた・・・。
ファミレスに立ち寄った私達は興奮覚めやらず、ご飯もそっちのけでさっきの出来事を検証。
でも結局、何が起ったか原因は不明のまま。
狐につままれた気分って、まさにこの事だと思うよ。
何だったんだろう。

400 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 20:25:32 ID:qsp9ZIFA0
何か目印になるものでも置いておけば、そこがさっきと同じ場所かわかったのにね。

404 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 22:16:44 ID:woo6OsITO
だいたい階なんて同じような作りしてるから、もともと六階にいたのでは。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 01:57:07 ID:HZzUKjOWO
399です。携帯から失礼。
校舎は4階立て。
何度階段を降りても同じ所に戻るなんて、物理的に不可能だよね。
目印については、目に見える光景(階段脇のポスターや掲示物の位置、3Fの表示など)が目印となりました。
後で確かめに行った、2階の光景のそれは全く別だった。
何度も目の前に現われる、まったく同じ光景の不気味さは、今でもはっきり覚えてます。
私たちは、どこか別の世界を歩いてたのかな。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    あわせて読みたいブログ

    あわせて読みたいブログパーツ

    はてなブックマーク人気エントリー

    livedoor 相互RSS

    ページ上部へ戻る